オルチニン

オルチニン 通販お申込み窓口

TVで紹介されたオルチニンたっぷりのレバリズムは食品の中でも

トップクラスのオルチニン含有量でオススメのオルチニンサプリです。

▼▼オルチンたっぷりのレバリズムのお申込みはこちらから!▼▼

蒸し暑くなって、ビールが美味しい季節になってきましたね。

蒸し暑くなって、ビールが美味しい季節になってきましたね。
ついつい飲みすぎて二日酔いになってしまう方もいるのではないでしょうか?

 

そんなお酒好きの皆さん、二日酔いにはシジミ汁を飲むと良いと聞いたことはありますか?
一体シジミの何が二日酔いに良いのか、今回は一つの成分に注目したいと思います。

 

アルコールを分解する臓器と言えば肝臓ですよね。
二日酔いになるのはアルコールの分解が追い付かなくなり、アセトアルデヒドという有害な物質が処理できないまま体の中に残ってしまうからです。

 

すると頭痛や吐き気などの症状が出てきます。肝臓の働きが良くなればアルコールの処理もスムーズに行われるので、二日酔いも解消します。肝臓の働きを改善してくれるのがシジミに含まれている「オルチニン」という成分です。

 

それではここからオルチニンの働きや摂取方法などについて紹介していきましょう。

オルチニンとは?

オルチニンはアミノ酸の一種です。実は私たちの体の中に元々存在している成分です。

 

アミノ酸は多くがタンパク質の構成成分として存在していますが、オルチニンはタンパク質の中にではなく単体で存在し、血流に乗り体の中を循環している遊離アミノ酸”の一種です。

 

オルチニンの主な働きは肝機能の改善と疲労回復の二つです。肝臓内のミトコンドリアではTCAサイクルというATPと呼ばれるエネルギーを作り出す代謝経路とアンモニアを分解するオルチニンサイクル(尿素サイクル)と呼ばれる代謝経路があります。この二つの代謝経路は密接に関係しています。

 

アンモニアは食事(タンパク質の分解)や運動によって産生される物質で体にとっては有害です。例えば、肝硬変などになると血液中のアンモニア濃度が増え、それが原因で意識障害や昏睡などを引き起こす肝性脳症になってしまいます。

 

さらにアンモニアはATPの産生を妨げてしまいます。するとエネルギーが不足し、疲労が貯まってしまいます。こうした事からアンモニアは疲労物質であるとも言われます。オルチニンはアンモニアを尿素へと分解する際に使われます。

 

オルチニンという言わば、燃料を足すことによってオルチニンサイクルを効率よく回してあげることが疲労回復につながるという訳です。オルチニンサイクルが上手く回るとエネルギーの産生も効率的になり、アンモニアの分解も進み、肝臓自体の働きも良くなります。

 

肝臓の働きが良くなればアルコールの分解も進みますよね。以上の様な働きを総合して、オルチニンは二日酔いにも効果があると言われるのです。
決して、オルチニンが直接二日酔いに効果があるという訳ではないのでその点はぜひ覚えておいて欲しいなと思います。<オルチニンを含む食品は?>オルチニンを最も多く含んでいる食品はシジミで、その量は100gあたり10.7〜15.3mgです。

 

シジミ100gというと約35個分となります。1日にどのくらいのオルチニンを摂取すればよいかの目安は400mg〜1gと言われています。最低量の400mgでもシジミで摂ろうとするとなんと1300個以上食べないといけません。他の食品にはヒラメ(約1切れ)0.6〜4.2mg、キハダマグロ(刺身7〜10切)1.9〜7.2mg、チーズ(スライスチーズ(約5枚))0.76〜8.47mg、パン(6枚切食パン約1.5枚)0.4mgなどです。こうして見ると食品だけでオルチニンを摂取する事は不可能です。

 

オルチニンは元々体の中にあり、積極的に食品から摂らないと健康に影響する訳ではありません。それでもオルチニンを摂取したい場合はサプリメントを利用する手段もあります。オルチニンが含まれている商品はたくさんあるので、どれが良いかは一概には言えませんがあまりにも安い商品はどうなのでしょうか?

 

やはり安全性がしっかりしているメーカーの物を選ぶのが良いと思います。オルチニンの副作用は特に報告されていないようですが、体に良いからと言って何でも過剰摂取することは良くありません。腹痛や下痢になることはあるそうです。それぐらいで済むならまだましですが、予想もしなかった副作用が現れる可能性だってあり得ます。

まとめ

いかがでしたか?オルチニンはアンモニアを分解し、肝機能を改善することで疲労回復や二日酔いに効果があると考えられます。体の中にある成分なので外部から多く摂取しなければならない物ではありません。食品だけでは推奨される量を摂りづらい為、サプリを利用しても良いのですが飲みすぎには注意し、自分に合った物を選ぶようにしましょう。