オルチニン

オルニチンの効果・効能

「1.肝臓機能・疲労を改善する」

オルニチンではオルニチンサイクルと呼ばれる、体内でアンモニアの解毒を行う役割を担っています。アンモニアは体内のエネルギー生成を抑制する働きがありますが、オルニチンを摂取することでアンモニアを抑えることができるので、体内でのエネルギーが効率的に生産され、肝臓を強くし、疲労回復効果をもたらしてくれます。

 

肝機能というと、お酒を飲む人だけの問題のように感じますが、日本人の4人に1人は肝臓に何らかの問題があると言われているほど、肝機能の低下は誰にとっても身近な問題なのです。肝臓はお酒によってのみ消耗するのではなく、睡眠不足や暴飲暴食、ストレス、食品添加物や医薬品の摂取によっても肝臓は消耗してしまうのです。

 

こうしたことが積み重なると、身体の中に老廃物が溜まります。この老廃物を解毒するために働いてくれているのが肝臓ですが、オーバーワークさせてしまうと機能が低下してしまうのです。そうした肝臓機能の低下を抑制し、肝臓の解毒作用を高めたい場合にオルニチンの摂取が有効なのです。

 

肝機能を向上させることは、エネルギー生産が効率よく行われるようになり、活力がみなぎる、疲労回復が早くなる、ストレスが軽減するといった効果につながっていきます。

 

「2.代謝促進によるダイエット効果」

オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進する働きを持っています。成長ホルモンが分泌されると筋肉が付きやすい状態となり、基礎代謝が上昇します。オルニチン摂取することで、代謝が促進され、太りにくい体質を作ることができます。

 

オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあることから、身体に筋肉がつきやすくなりますが、筋肉量が増加することにより基礎代謝を高めてくれます。基礎代謝が向上することは、体内での脂肪燃焼効率が高くなるので、同じ運動量でも効率的に痩せることが期待できることから、オルニチンにはダイエット効果も見込めるのです。

 

「3.老化防止によるアンチエイジング効果」

オルニチンは体内に取り込まれるとポリアミンという物質に変化します。
ポリアミンはあらゆる生物の細胞内に含まれる物質で、細胞の分裂や生成などの活動に関与している成長因子です。肌の1つ1つの細胞にも含まれており、オルニチンを摂取することで新陳代謝を促し、肌の生まれ変わりをサポートし、シミやしわといった老化を防いでくれます。

 

また、古い角質を新しくする働きもあるので、角質内にあるメラニン色素を取払い、美白効果も得ることもできます。オルニチンの美肌効果は、肝機能を高めてくれることに影響して受けられる恩恵であると言われています。実は、肝臓と肌の状態は密接に関係しており、シミが増えると肝臓の機能が低下しているサインだと言われています。

 

肝臓の解毒作用が高まると、疲労の回復力もアップします。疲れやストレスが軽減されることで、肌への負担も少なくなり、肌質も改善させてくれます。オルニチンは細胞の新陳代謝を活発にする働きがあるので、肌のコンディションが改善されたり、髪の毛にもツヤが出て美しくなります。
オルニチンは美肌効果はもちろんですが、髪の毛を美しくしてくれる美髪にも貢献してくれると言えます。まとめると、オルニチンの効能は健康で元気な身体作りには欠かせない栄養素であり、肝機能を向上させ、それによって代謝がアップするのでダイエット効果を向上させ、代謝がアップすることで肌のターンオーバーを促してくれるので、ハリのある若々しい美しい肌を促してくれるといった、身体の中から健康にダイエットや美肌へとつなげてくれるのがオルニチンであると言えます。