オルチニン

オルチニンは健康食品やサプリメントなどで最近人気です

オルチニンは健康食品やサプリメントなどで最近人気ですので聞いたことのある方が多い名前だと思います。 
ではそもそもオルチニンと何なのかと言いますと、人間の身体の中にあるアミノ酸の多くは、タンパク質の中に存在しています。しかし身体の中にはタンパク質にこそなりませんがとても重要な働きをしているアミノ酸があり、「遊離アミノ酸」と呼ばれています。オルチニンは、この遊離アミノ酸の一種です。
  オルチニンは、体内に摂取すると腸で吸収されて肝臓や腎臓や筋肉などに移行するといわれています。肝臓に主にいるとされている有害なアンモニアを代謝することに関係していたり肝臓を保護したりなどの働きがあります。
 肝臓は栄養素の分解と合成・貯蔵、解毒作用などの役割を果たしています。

 

肝臓は70〜80%を切り取っても半年もするの元の大きさに戻ると言われているほど再生能力のある臓器です。
少々のダメージぐらいでは問題なく働き続けるという特徴がありますが、肝臓には痛みを感神経がないとされていますので、なにかあっても自覚症状がないままです。ですので肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれています。検査で指摘を受けたり、他の症状が出て初めて気が付くことが多いそうです。ですので、オルチニンを効果的に摂取し、肝臓の健康に注意することが大切です。 

 

では、他にオルチニンを摂取すると期待できる効果についてですが、
1.二日酔いやお酒の飲み過ぎによるだるさの軽減
2.エネルギー生産のときの老廃物の解毒
3.疲労回復
4.新陳代謝や筋力トレーニングの効果を上げる
5.美肌効果やシミ改善

 

肝臓は、アルコールの摂取以外に食べ過ぎや運動不足、睡眠不足やストレスなどが原因でも機能を低下させてしまいますので、オルチニンはお酒を飲む方だけが摂取するという考え方だけでなく、お酒を飲まない人であっても摂取する必要があります。
また、近年の研究でオルチニンの摂取で成長ホルモンが分泌されそれにより筋肉量が増えると基礎代謝が上がり脂肪燃焼効果も期待できるとして、オルチニンによるダイエットも注目を浴びています。

 

オルチニンの摂取量は400mg?1gとされています。
また、オルチニンは体内に貯めておくことができない成分とされていますので、一度に1日分を摂取するのでなく、何度かに分けて摂取することがより効率的だと言われています。その他に効果をより上げるために摂取するタイミングですが、二日酔い防止の為には飲酒前と飲酒後・疲労回復の効果を高める為には就寝前・運動による筋力アップには運動前・成長ホルモンの分泌を促しダイエット効果を得るには起床時 とされています。
毎日摂取することが肝機能を高めますので、お酒をよく飲む方や疲労が溜まりやすい方は特に毎日摂取するようにしましょう。

 

オルチニンの過剰摂取は胃痛や下痢が起こるとされていますが、摂取量を守っていればオルチニンは元々体内に存在する成分ですので摂取により命に関わるような副作用は今の所無いとされています。
オルチニンが多く含まれる食品はやはりシジミですね。100g、10〜15mgのオルチニンが含まれています。その他にも少量ではありますが、オルチニンが含まれている食材は、えのき、チーズ、キハダマグロ、エリンギ、枝豆などがあるとされています。尚、シジミは?4℃で冷凍するとオルチニンが8倍になるともされていますので、冷凍保存するとより効果的に摂取することが出来ます。

 

とはいえ、毎日これだけのオルチニンを摂取するのは大変です。そこでサプリメントですが、最近オルチニンが身体にもたらす影響が大きい為たくさんのサプリメントが発売されています。ですので、添加物が含まれていないかなどしっかり安全性を確認し、自分が無理なく続けられるものを選びましょう。オルチニンを効率的に摂取し、健康な身体を手に入れましょう。

▼▼オルチンたっぷりのレバリズムのお申込みはこちらから!▼▼