オルチニン

オルチニン?オルニチン?どっちが正しいの

私、51歳になる単身赴任をしているビジネスマンですが50歳になってからどうも物忘れがひどくなって困ってしまいます。

 

先日、会社の先輩が協和発酵のオルニチンを愛用していると聞いて私も欲しくなりました。
その夜早速、ネットで検索していろいろ調べてみることにしたんですが、オルチ二ン?オルニチン?どっちだったかな(汗)

 

そういえば高校生物で尿素回路のことを「オルニチン回路」って呼ぶと習ったような…でもそれってシジミと関係あるのか…?
些細なことなんですけど、かなり気になります。

 

 

オルチニンって疲労回復に効くんです

調べてみるとオルチニンではなくオルニチンが正しい用語でしたね。
でも私はついオルチニンって言ってしまうので、この際ここではあえてオルチニンで押し通しちゃいます(ガンコなおっさんやな)

 

オルチニンの疲労回復効果

 

肝臓には、3つの主要な代謝経路があると言われています。1つはアンモニアを解毒する「オルニチンサイクル」、2つ目はエネルギー(ATP)の産生に深く関わる「TCAサイクル」、3つ目はブドウ糖を合成する経路である「糖新生」などです。

 

オルチニンはオルニチンサイクルを活性させてアンモニアの解毒を促し、アンモニアを減少させることでTCAサイクルと糖新生の代謝をスムーズにし、エネルギー産生をサポートしていると考えらえます。

 

オルニチンサイクルとは

 

エネルギーの産生を妨げ、疲労のキモにもなるといわれているアンモニアを分解するのがオルニチンサイクルです。
オルチニンが増えてくると、オルチニンサイクルは活発化して、アンモニアの分解作用を促進します。

 

オルチニンサイクルは、別名、尿素回路とも呼ばれ、肝細胞内にあって尿素を合成する代謝回路と言われています。
アミノ酸の代謝や激しいスポーツなどにより生じる有毒なアンモニアが肝臓中のオルチニンと反応し、無毒な尿素に変わります。そのときオルチニンが再生され、再び回路に入ります。

 

エネルギー産生を円滑にするためアンモニアを解毒します

 

ミトコンドリアの中にあるTCAサイクルは、我々の活動に必要なエネルギーの産生に携わっている回路です。
アンモニアがこのTCAサイクルの邪魔をすることがわかっています。

 

また、アンモニアがミトコンドリアの中にある酸化還元バランスを乱すことで、エネルギー産生のための環境を悪化させるということも解明されてきています。
つまり、オルニチンは、エネルギー産生の障害となるアンモニアの分解を促進することで、エネルギーの産生にも一役買っているのです。

 

オルチニンがアルコール性疲労を防止します

 

アルコールを飲むと、「NADH」という物質が増えていきます。脳のエネルギーである糖とケトン体が生成されるのをこのNADHが阻害することで、脳がエネルギー欠乏に至る恐れがあります。
オルチニンにはアルコールを摂取した後の疲労を抑える効果が明らかにされてきています。オルチニンの働きでアンモニア解毒が円滑に進むと、その過程でNADHが消費され、脳のエネルギーをつくり出すための阻害要因が解消されると考えられます。

 

肝臓でオルチニンが機能を発揮する

 

オルニチンはオルチニンサイクルの機能を活発にすることで、ミトコンドリアの活動をサポートし、肝臓全体の本来の働きを維持と考えられます。エネルギー産生や糖新生といった代謝、有毒物質の解毒を順調にし、肝臓疲労、ひいては全身疲労の回復を促進すると考えられます。

▼▼オルチンたっぷりのレバリズムのお申込みはこちらから!▼▼